プログラミング初心者がUdemy「Kotlin for Beginners: Learn Programming With Kotlin Created by Peter Sommerhoff」を受けてみた話

プログラミング

2017年にAndroidの公式開発言語になったKotlin
今更ではありますが、ミーハーな気持ちと名前が可愛いからという理由で勉強してみることにしました。
とはいえ、意外にKotlinの学習教材の選択肢は少ない…(他の言語と比較して)。
そのような時にたまたま会社の同僚が


「今、Udemyセールやっていますよ!」

https://www.udemy.com/
ということで、早速「Kotlin」で検索し、
『Kotlin for Beginners: Learn Programming With Kotlin Created by Peter Sommerhoff』
https://www.udemy.com/share/10043sBEofeVpSRHU=/

こちらを見つけました。
そして評価も高そうだったので、そのまま購入。
30日間の返品保証も背中を押してくれました。
普段は¥24,000が90%OFFで¥1,200とかいう破格で購入できたので、すごくお得な気分です。
正直閉店セールかと思いました…。オンラインの教材とかこれまで使ったことなかったですし。
結論としては、

買ってよかったです。

以下、短いですが、2つのトピックで理由を書いてみます。

すごく丁寧

バカみたいな感想ですが、すごく丁寧に最初から教えてくれました。
使用するテキストエディタ(というか、IDE/IntelliJ)の設定から始まり、REPLや変数といった定番の導入を経て、基本的な文法の説明を短めの動画で次々としてくれる、といった構成でした。
『for Beginners』の名は伊達ではなかったです。
個人的にはプログラミングの勉強をする時に、テキストなどで動かない字面を見るよりも、動画で講師の人がライブコーディングしている様を見る方が理解しやすいことも発見できたため、満足です。
あとはなぜこの文法があるのか、とかなぜこの書き方をするのか、といった理由づけも節々でしてくれる動画だったので、十分な理解を得られた感はあります。

 

コース全体の動画時間が比較的短い

全体で6時間ということで、全くの初心者であっても隙間時間で1週間程度で無理なく終えられる分量でした。
未知の領域を勉強するときは言うまでもなく挫折しがちですし、まして別に強制的な試験勉強ではないわけですから、途中離脱の力学は働きやすいように思います。
しかし、本コースは一つ一つの動画は長くても10分ですし、
「まあ、あと一個動画見て寝ようかな…」
といった心持ちになって、いつの間にか結構進捗している、となりやすいのは美点でした。
なお、上述のセールで一緒に買った機械学習やディープラーニングのコースは「24時間」とか普通にあって、今から完走できるか不安です…。

全体を通じての感想

一言で言えば、満足です。
Kotlinの基本的な文法はマスターできましたし、自分はそもそもあまりプログラミングの素養がなかったため、その辺のフォローもきちんとしてくれた本コースには感謝しています。
ただ、本コースには2つほど注意点もあって、


1. 全編英語です。字幕の設定はできますが、英語しかサポートされていません。
2. Kotlinの文法を全てカバーしている訳ではありません。(公式リファレンスhttps://dogwood008.github.io/kotlin-web-site-ja/docs/reference/の一部をカバーしていません)


2は今後色々実践していく道すがら自然とカバーできる程度の抜け漏れという感じがするため、問題ないように思いますが(ひとまず基本を学んで早くスタートラインに立つ方が大事だと思うため)、1は人によってはきついかもしれません。
とは言え、動画を視聴する中で、時折あまり日常では耳にしない単語を調べる程度で、英語に精通していなくても受講はできる印象でした。(多分レベルは大学の受験英語くらい)

Kotlinの学習教材として、様々な本が出ていますが、
もしそういった本に挫折してしまったら、プログラミング自体を投げ出す前に、
こういったオンラインコースを探してみて、試しに受講してみるのもいいかもしれません。
私には合っていました!

当面、少し書けるようになったKotlinと楽しく戯れようと思います!


コメント

タイトルとURLをコピーしました